鍵の種類を把握しよう!鍵屋で鍵を交換したい方必見

鍵屋に修理と交換を依頼する予備知識

鍵の種類を知ろう

家族の安全や財産を守るために、住宅のドアに鍵を取り付ける必要があります。防犯性、携帯性に優れたアイテムですが、経年劣化や紛失してしまうこともあるでしょう。そうなると、鍵屋に依頼して鍵の交換や修理が必要になってきます。最新の鍵事情を把握して、どんな種類があるのか確認し、今後鍵屋を利用する際の参考にしてみましょう。

シリンダー錠
近年多く使用されているタイプの鍵です。ロータリーシリンダー錠やディンブルシリンダー錠を採用しているので、ピッキングにされにくい構造になっています。こちらのタイプをメインで取り扱っている鍵屋も多いです。
補助錠
メインの鍵以外にもう一つ鍵を取り付けることで、防犯性能を高める効果が期待できます。空き巣や泥棒対策を考えるなら、鍵屋に補助錠の施工を依頼してみるのもいいでしょう。
電子錠
電気でドアの開閉ができるタイプの鍵です。電気を確保するために配線や乾電池を使用しています。鍵をなくす心配がなく、ピッキングに強いことが特徴です。

鍵屋を利用するタイミングはいつ?

鍵

鍵修理・交換は、鍵が壊れてしまった時期に行なう人が多くいます。鍵を紛失してしまった場合は、第三者が自宅に侵入する可能性もありますので、鍵修理ではなく交換が必要になります。長年交換してない方は、防犯面を強化するために、最新の鍵を取り付けた方がいいでしょう。鍵屋に依頼すると、登録だけで使用できる最新のカードタイプの鍵もあります。

高い防犯性を求めるなら電子錠が一番

一般住宅に取り付ける利点

住宅の防犯性能を高めるために、警視庁は「1ドア2ロック」を推奨しています。しかし、電子錠に交換することで、高い防犯性の住宅になります。玄関のドアをオートロックに設定することもできますし、来客時はドアホンで相手の顔を確認してから解錠することも可能です。

子供が友達と遊びに行って鍵を失くしてしまうのですが、電子錠はマスターキーを持ち歩く必要はありますか?
電子錠は鍵本体を持ち歩く必要がありません。暗証番号や指紋認証で解錠できるので、玄関を開けるために鍵を探す手間をはぶけますし、荷物をたくさん持っているときも便利です。さらに、小さいお子さんが鍵を紛失する心配もなくなります。
子供が習い事に行くときに鍵を閉め忘れることが良くあります。電子錠は閉め忘れ防止の機能などが搭載されていますか?
鍵の閉め忘れは、空き巣や泥棒の侵入を許してしまう原因ですが、電子錠に交換すると、閉め忘れもなくなります。オートロックに設定することで、自動で施錠することが可能です。また、リモコンでも簡単に解錠することができるタイプもありますので、鍵に関する手間がなくなります。

鍵の修理や交換ではドア交換は必要ない?

どんなドアでも問題なし!電子錠の取り付け方

鍵屋に依頼して電子錠を取り付ける際は、ドアを交換する必要はなく、どんなドアでも取り付けることが可能です。ある程度の厚みがあれば加工するだけで設置できますし、電磁石を利用して施錠する「マグネット錠」であれば、パーテーション扉や木製の扉でも大丈夫です。

電子錠を取り付ける上での注意点

電子錠は電気を使用した鍵なので、停電した時に影響を受けたり、電池不足になったりすることもあります。ですから、電子錠だけでなく、複数の防犯対策をすることが大事になります。自宅周辺に防犯カメラを設置し、敷地内には防犯砂利を撒きましょう。

TOPボタン